たかさんの日記

とりとめのない日常や会社の愚痴や会社の愚痴や会社の愚痴などなど内輪向けの完全匿名日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書!!

嬉しいことに駅前の商店街には小さいながらBOOKOFFがあります。
時々行くと思わぬ面白いものを買うことができます。
まあBOOKOFFで買うものは総じて定価じゃ買わないどうでも
いい本が多いのですが。
一昨日、そんな本を一冊購入しました。
「渋谷ではたらく社長の告白」です。
定価1600円のところを850円で買いました。(それでも高いっ!!)
面白かったです。3時間くらいで一気に読んでしまいました。
sibuya.jpg

ちょっと解説すると日本のIT企業というのは大きく2つに
分けることができます。
メーカーやSIerといった技術的提供型の企業と
楽天やライブドアといったコンテンツ提供型の企業です。
本の著者は後者の1つであるサイバーエージェントの社長で
藤田晋という人です。一般的には奥菜恵の元ダンナとして
知られています。

私はどちらかというと技術者志向が強いのでコンテンツ提供型企業
には全く魅力もシンパシーも感じません。そんな会社の社長が
書いた本ですし、この本は一時期話題になった一発本的な臭いが
したのでいままで興味がわきませんでした。がココは「どうでも
いい本の宝庫」BOOKOFFです。思わず手に取ってしまいました。
パラパラめくると意外と面白そうなので買うことにしました。

さきほども書きましたが、一気に読んでしまいました。
もう突っ込みどころ満載です。
最初のヒット商品であるサイバークリックが米企業の
サービスのパクリだとか「仕事が忙しくて女と遊ぶ暇なんかない」
のに法務担当者に「今までの女性遍歴を話してください」と
言われて赤裸々に告白しちゃったとか、「人を見る目には自信がある」
にもかかわらず全然使えない中途社員を採っちゃってるなどなどなどなど・・・。

「こういう会社もあるんですね。頑張ってください。」
って思ったんですが、まったく他人事とは感じられないところも。
どう考えてもこの本、うちの社長読んでるよな・・・。
わざと広い場所にフロアを引越ししたりとかこの本の内容を
実践しているような・・・。

うちの会社もあんなになるのかな。
いやぁ、それは勘弁してください。マジで。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。